20200906_maekawa_アイキャッチ画像
それ、伝わってる?
COLUMN

それ、伝わってる?

こんにちは STAY GOLD代表の前川です。

新たに「秘書コラム」が追加されました。
是非、ご一読下さい。行動力があり、努力家で読書家でとても尊敬できる人です。細やかな気配り、言葉遣いと、とても参考になります。

また、今後は「資産形成・資産防衛・資産運用」に関連したコラムもスタートします。ご期待下さい。


本日は「伝え方」ついてシェアをします。
苦手な方も多いと思いますが、「伝え方」はかなり重要です。

まず、このスキルを手に入れると、コミュニケーションロスが減らせることにより、仕事のスピードや正確性が確実に上がり、マルチタスクをこなせるようになります。

一方、伝え方が下手な人は、自分で仕事を抱え込み、自分で自分の首を絞めることになることすら気づかない。結果、圧倒的に仕事が遅くなる。

これはプレゼンテーション・ネゴシエーション・ファイシリテーションの基礎にもなります。

この重要なスキル、「伝え方」を手に入れるためのポイントは大きくわけて3点あります。

Ⅰ 相手の背景を見ているか?

相手に話を伝える際に、相手の背景を確認していますか?
まず、見える情報と見えない情報を察知しましょう。

■見える情報

・服装→これめちゃくちゃ大事です。こだわり情報が山ほどある。
・顔つき①(暗いか明るいか)
・顔つき②(余裕があるか切羽詰まっているか・・)
・仕事の抱え具合(スケジュールなど)

■見えない情報

・思考パターン(論理的か感情的か、それともバランス型か)
・育った環境(厳しく育ったか、優しく育ったか?家庭環境も含む)
・メンタルのタフさ(シンプルに強いか弱いか・・)
・経験値(達成し続けているのか、途中で諦めるタイプなのか?)
・心に余裕があるか、切羽詰まっているか?(顔つきと連動)
・せっかちかのんびりか?

相手の背景が見えれば、必然的にどう伝えたら効果が高いか見えてきます。
例えば、切羽詰まっていて、心に余裕の無い人に対してです。
ストレートに話をしても伝わりません。
まずは、話を聞いて心に少し余裕を持ってもらう。
その後、伝えたいことを話す。
せっかちな人には端的に話す。感情的な人にはロジックをメインで話す。(感情対感情では話は伝えわりません・・)

相手の背景を理解し、相手によって伝え方を変えなければなりません。

Ⅱ 自分のキャラを理解してもらう工夫はしているか?

今度は、自分をわかってもらう工夫です。
あなたは、どんなキャラですか?
周りの人は理解してくれているでしょうか?

相手に自分のキャラを理解して貰えていれば、あなたの伝える内容は理解されやすいです。
普段からの会話やコミュニケーションをとっていますか?
ここでの会話やコミュニケーションというのは「仕事以外の内容」です。
ドキッとした方もいらっしゃるのではないでしょうか?

部下の好きな食べ物は?趣味は?家族構成は?
ちゃんと、答えられますか?
同じく、部下は、あなたの好きな食べ物、趣味など答えらますか?

Ⅲ キャッチボールを意識しているか?

以前のcolumn「人の話を聞いていますか?」でもあったように、ここでも「確認」と「承認」が重要です。

こちらから伝えた内容は不明な点が無かったか確認をする。
相手に答えてもらって、「承認」する。

私は、この一連のやり取りがキャッチボールだと思っています。
ここは、必ず意識して下さい。

Ⅰ、Ⅱ、Ⅲを意識し工夫すれば、あなたが伝えたい事は相手に理解され、伝わるでしょう。

この記事が皆様の成長と発展に貢献できれば幸せです。

「いいね」「シェア」「ツイート」をお願いします。
それでは、またお会いしましょう。

Facebook:https://www.facebook.com/wataru.maekawa.7
Instagram:https://www.instagram.com/watarun23/?hl=ja
Twitter:https://twitter.com/watarun231

WRITER

前川 渉

Stay Gold 編集長・STAY GOLD FUND

前川 渉

Wataru Maekawa

1988年 石川県金沢市生まれ
2010年 東洋大学卒業(経済学部国際経済学科専攻)
2010年 信用金庫入庫
2012年 独立系M&Aコンサルファームへ入社
※在籍中に40社以上のM&Aに携わり、300社以上のコンサルティング実績を認められ、ヘッドハンティングを受ける。
2016年 外資系金融機関入社
※1年目より同社の成績優秀者表彰に入賞。
世界基準で競う業界成績優秀者表彰(※MDRT)の会員となる。(2018, 2019, 2020)
2020年 STAY GOLD FUND創業
地方特化型ハンズオン・ファンドを運営。
M&A戦略立案、幹部教育にてIPO支援をする。

当WEB media「Stay Gold」では、「人の成長と発展」というコンセプトのもと、あらゆる業界のキーパーソンへのインタビュー記事やコラム等を通して、上質な情報をビジネスパーソンへ向けて発信している。

記事一覧
Pocket