プライドを捨てて、プライドを持て!
COLUMN

プライドを捨てて、プライドを持て!

こんにちは STAY GOLD代表の前川です。

このコラムの予告動画を作成してみたところ、第一回目の動画再生1,300回を超えました。ありがとうございます。(Facebookのみでの再生回数ですが驚きです!)
順次、コラムを書いているメンバーの動画も増やしていこうと思っています。

本日は私の『プライド』についての考えをシェアしていきます。
あなたはプライドが高い人ですか?
それとも低い人ですか?
どちらが正しいのでしょうか?そもそも正しいという概念はないのかもしれませんが・・

Ⅰ 成長することにプライドを持て!

自分でもわかるぐらいに私はとてもプライドが高い人間です。
プロとして恥ずかしくない仕事をしたいが、嫌な仕事も受けたくない。
プロ意識が高いがゆえにプライドが邪魔して動けないときもあります。

特に好きではない仕事を依頼された時は、プライドが邪魔をし、「下手の考え休むに似たり」…悶々として一時的に動けない時があります。(なんでオレがこんな仕事しなきゃいけないんだよと・・・嫌なやつ笑)

そんな時に考えるのは、

・この仕事は自分の成長につながるのか?
・自分の理念と照らし合わせた場合に取り組むべきかどうか?
・チャンスを自ら逃しているのでは無いか?

このように考えます。

そして自分の成長に対しては高いプライドを持ちつつも、そのプライドがタダのエゴになってはいまいか、と自問自答します。

Ⅱ できない自分を承認する

できない自分を肯定してはいけません。
そうではなくて、「できない自分もいる」と認めることが重要です。
認めるとは、客観的に今の自分を見つめる、俯瞰する、ということです。

私の場合、私の中にリトル前川を登場させ、リトル前川に聞いてみる・・といった方法をとることもあります。

このように客観的に自分を見ることにより、「自分はどうしたいのか?」と冷静に考えるようになります。
そこまでいけば、再度、Ⅰの過程に戻り改めて判断します。(成長と自分の理念に照らし合わせる)

その時に「やらない」という結論になればやめれば良いし、「やる」と思えばどうやったらできるかを考えたらいいのです。

このような思考のルーティンを作れば、思い悩むことがかなり少なくなります。

「やる」「成長する」に対しての高いプライドを持ってください。
あなたを動けなくするプライドは今すぐ捨てて下さいね。

この記事が皆様の成長と発展に貢献できれば幸せです。
『いいね』『ツイート』『シェア』をお願いします。

Facebook:https://www.facebook.com/wataru.maekawa.7
Instagram:https://www.instagram.com/watarun23/?hl=ja
Twitter:https://twitter.com/watarun231

WRITER

前川 渉

Stay Gold 編集長・STAY GOLD FUND

前川 渉

Wataru Maekawa

1988年 石川県金沢市生まれ
2010年 東洋大学卒業(経済学部国際経済学科専攻)
2010年 信用金庫入庫
2012年 独立系M&Aコンサルファームへ入社
※在籍中に40社以上のM&Aに携わり、300社以上のコンサルティング実績を認められ、ヘッドハンティングを受ける。
2016年 外資系金融機関入社
※1年目より同社の成績優秀者表彰に入賞。
世界基準で競う業界成績優秀者表彰(※MDRT)の会員となる。(2018, 2019, 2020)
2020年 STAY GOLD FUND創業
地方特化型ハンズオン・ファンドを運営。
M&A戦略立案、幹部教育にてIPO支援をする。

当WEB media「Stay Gold」では、「人の成長と発展」というコンセプトのもと、あらゆる業界のキーパーソンへのインタビュー記事やコラム等を通して、上質な情報をビジネスパーソンへ向けて発信している。

記事一覧
Pocket