20200724_maekawa_アイキャッチ
マイナス上司
COLUMN

マイナス上司になっていませんか?

みなさん、こんにちは。
STAY GOLD代表の前川です。

最近、上司と部下の関係性について改めて思う出来事がありました。
せっかくなので世の中の上司の方々に向けて思いを綴ろうと思います。


一般的に、部下に対してどれだけ上司の影響力があるか、わかっていない人がとても多く見受けられます。

上司からすると何人もいる部下かもしれませんが、部下からするとたった一人の上司です。(厳密に言うと組織上は違いますが)
考え方、スキル、人間関係など、部下が素直であればあるほど影響してしまいます。

だから「部下に成長を求めるなら、お前が成長しろよ!」この一言に尽きます。

どこを向いて仕事をしているか?

上司の皆さん、一体どこを向いて仕事をしていますか?
あなたの上司ですか?社長ですか?部下ですか?お客様ですか?
本来どこを向くべきでしょうか?

私は、お客様だと思います。

それは、「その人にとって」という意味です。

現場担当であれば、直接的な顧客様
経営陣であれば管理職
部長ならその下の次長
次長であればその下の課長
リーダーであればチーフ達など

仕事とは、「お客様の問題を解決すること」です。
あたなにとってのお客様とは誰でしょうか?

はたして、上を向いて仕事をしている(=上司がお客様の)人は、上司の問題を解決できる能力があるでしょうか?

一部のスキルが高い人はできるかもしれませんが、普通はできません。
しかし、上司ならば部下の問題を解決することはできますよね。

私は、問題解決ができない人は仕事ができない人だと考えています。

『うちの上司は、仕事はできないけど、優しいよ』
と、私がもし言われてたらショックで泣きます。
『上司は厳しいけど、めちゃくちゃ頼りになる。仕事していると自分が成長してると感じるよ!』

どうせなら、このように言われたいですね。

できるかどうかよりも、まず動け!部下との信頼関係

部下との信頼関係の作り方ですが、優しく話を聞くだけでは信頼は得られません。

信頼とは、信じて頼ることです。頼られることが重要です。

部下から、相談があると言われたらすぐに部下との時間をもつこと。
そして、ネクストアクションをハッキリと伝える。
そうすることで部下からの信頼を得られます。
(私は「自分で考えなさい」とハッキリ言うこともあります笑)

部下の課題は全て解決できるかわかりません。(会社の方針や確認する事項がある為)解決することよりも、まずはすぐ動き、安心を与えることが重要なのです。

いらんことを言うな

会社が悪いだの、上司が悪いだの、仕組みが悪いだの部下には言わないで下さい。

言った瞬間、あなたは会社のイメージを落とすことになります。
会社のイメージを落とすということは、自分のイメージを落とす、ということと同じです。

部下にとっての会社とは、上司である、あなた自身なのです。

それで業績が上がるでしょうか?みんなの給料払えるでしょうか?ボーナス出るでしょうか?
顧客様の問題を解決できるでしょうか?

スキルが高くて、挑戦できる人材を求めるのであれば、まずは、あなたがそうでなければなりません。
ただ、スキルなど一朝一夕で身につくものではありません。
しかし、成長するために本気で動いているあなたの姿を、部下は必ず見ているのです。

このように、外的要因の不運を嘆く前に、まずは自己内省をして、自分が「マイナス上司」になっていないか、自分自身を振り返ることがとても重要です。



この記事が皆様の成長と発展に貢献できれば幸せです。
それではまたお会いしましょう。

WRITER

前川 渉

Stay Gold 編集長・STAY GOLD FUND

前川 渉

Wataru Maekawa

1988年 石川県金沢市生まれ
2010年 東洋大学卒業(経済学部国際経済学科専攻)
2010年 信用金庫入庫
2012年 独立系M&Aコンサルファームへ入社
※在籍中に40社以上のM&Aに携わり、300社以上のコンサルティング実績を認められ、ヘッドハンティングを受ける。
2016年 外資系金融機関入社
※1年目より同社の成績優秀者表彰に入賞。
世界基準で競う業界成績優秀者表彰(※MDRT)の会員となる。(2018, 2019, 2020)
2020年 STAY GOLD FUND創業
地方特化型ハンズオン・ファンドを運営。
M&A戦略立案、幹部教育にてIPO支援をする。

当WEB media「Stay Gold」では、「人の成長と発展」というコンセプトのもと、あらゆる業界のキーパーソンへのインタビュー記事やコラム等を通して、上質な情報をビジネスパーソンへ向けて発信している。

記事一覧
Pocket