人は変えられない、変えられるのは自分自身の行動、接し方です
COLUMN

人間関係の改善術「何を言うかより誰が言うか」

01 「何を言うか」と「誰が言うか」

「部下に何度言ってもわかってくれない」、「どう言ったらわかってくれるのだろう」
こんな悩みを持っておられる方は多いかと思います。こんな時、ちょっと考えていただきたいのが、部下との心理的な距離感です。人は自分が信頼している人の言葉は聞き、信頼していない人の言葉はなかなか受け入れることができません。何を言うかよりも、誰が言うかが大事なのです。

こんなことがありました。私が弁護士になりたての頃のことです。

続きを閲覧するにはログインが必要です。
ログインはこちら

会員ではありませんか?
入会のご案内

WRITER

小倉 悠治

弁護士・経営心理士

小倉 悠治

Yuji Ogura

2004年、東京大学教育学部 卒業。2007年、慶應義塾大学大学院法務研究科 修了。2018年3月、小倉悠治法律事務所 開設。2018年4月~ 2019年3月、金沢弁護士会 副会長。
弁護士資格のみならず、経営心理士・キャッシュフローコーチの資格を有し、法務のみならず労務、財務も含め心理面まで見据えたサポートを得意とする。「社長の社外幹部」として企業の成長と発展に貢献。

小倉悠治法律事務所

https://ogura-kigyohoumu.com

記事一覧
Pocket