顧問契約を依頼することの最大のメリットは「トラブルの予防」です
COLUMN

弁護士は意外と「ツカエル」 ~顧問契約のメリット~

「うちは弁護士に依頼するようなもめ事はないからなぁ」。私が名刺交換させていただいた際、経営者の方がよくおっしゃる言葉です。この言葉からは、「弁護士=もめごとが起きたらお願いするもの」と考えておられることが分かります。

ところが、弁護士の目線からすると、これは非常に残念であり、危険と言えます。もめ事になってから弁護士に依頼するのと、もめ事になる前に弁護士に相談するのとでは全く異なるからです。

続きを閲覧するにはログインが必要です。
ログインはこちら

会員ではありませんか?
入会のご案内

WRITER

小倉 悠治

弁護士・経営心理士

小倉 悠治

Yuji Ogura

2004年、東京大学教育学部 卒業。2007年、慶應義塾大学大学院法務研究科 修了。2018年3月、小倉悠治法律事務所 開設。2018年4月~ 2019年3月、金沢弁護士会 副会長。
弁護士資格のみならず、経営心理士・キャッシュフローコーチの資格を有し、法務のみならず労務、財務も含め心理面まで見据えたサポートを得意とする。「社長の社外幹部」として企業の成長と発展に貢献。

小倉悠治法律事務所

https://ogura-kigyohoumu.com

記事一覧
Pocket