20200720_ogura_アイキャッチ画像
残業代の対策は万全ですか?
COLUMN

残業代の対策は万全ですか?

2020年4月1日より、法律が変わり、残業代の時効が3年となりました。経営者にとっては、非常に重要な改正です。

もともとの時効は?

もともと、残業代の時効は「2年」でした。時効については、権利によって期間が様々だったのですが、残業代はかなり短めに定められていたのです。しかし、民法改正に伴い、「3年」とされたのです。
具体的に言いますと、2020年4月1日以降に支払われる賃金については3年の時効期間が適用されることになります。

どんな影響?

続きを閲覧するにはログインが必要です。
ログインはこちら

会員ではありませんか?
入会のご案内

WRITER

小倉 悠治

弁護士・経営心理士

小倉 悠治

Yuji Ogura

2004年、東京大学教育学部 卒業。2007年、慶應義塾大学大学院法務研究科 修了。2018年3月、小倉悠治法律事務所 開設。2018年4月~ 2019年3月、金沢弁護士会 副会長。
弁護士資格のみならず、経営心理士・キャッシュフローコーチの資格を有し、法務のみならず労務、財務も含め心理面まで見据えたサポートを得意とする。「社長の社外幹部」として企業の成長と発展に貢献。

小倉悠治法律事務所

https://ogura-kigyohoumu.com

記事一覧
Pocket