20200921_maekawa_アイキャッチ画像
自分と向き合う
COLUMN

自分と向き合う

こんにちは STAY GOLD代表の前川です。

気温も穏やかになり、ゴルフコースに出るのが気持ちのよい季節になってきましたね。

最近、私、アイアンを一新しました。子供がおもちゃを買ってもらったかのように、めちゃくちゃ喜んでいます。(もちろん自分で買いましたよ・・笑)
早くコースに出たいです・・・笑

さて、あなたは自分と向き合う時に、ただ呆然と向き合っていませんか?

その時の流れに身を任せることも時には必要ですが、そればっかりやっていると主体性が無くなってしまいます。しまいには自身のアイデンティティまでもわからなくなってくる。自分に関心が無くなり、無気力になっていく・・・。

自分をコントロールするために、自己解決する手段を持っていますか?

本日は、私が普段、自分と向き合う時に、自分自身に対してどんな思考をしているか?また、どんな声掛けや質問をしているのかをシェアしていきたいと思います。

先が見えず不安になっている時の自分との向き合い方

どんなに頑張っても先が見えない。
自分の目標との差が大きい。
収入も追いつかない。
周りからは、直接的ではなくとも「こいつには無理だろう」と言われているように感じてしまう。こんな場合は・・・

■まずは運動をする。(これとても重要。心と体はつながっている。運動してアドレナリンが出ている時、人はネガティブに悩むことができないし、冷静になれる。)

■自分が道の途中だということを言い聞かせる。道の途中に全部できる方が変だと考える。

■出来ていない自分に対して「何が出来なくて悩んでいるの?」「何に悩んでるの?」と質問し、悩んでいる部分を細分化し具体的にする。

■具体的に自分が悩んでいる内容に気づけたら、次にそれは自分で解決できるのか?人に手伝ってもらった方が良いのか?確認をする。

■「今の状況楽しんでる?」と自分に質問する。楽しんでないなら、どうやったら楽しくなるか考える。

 →感情的に辛くなっているケースが多い為、ロジックで説明できるまで自身に質問をし続けるイメージ

トラブルとの向き合い方

仕事もプライベートもトラブルは大体同じ向き合い方でOK。

大体のトラブルは、自分が動いた結果か、サボった結果。もしくは配慮不足、ごく稀に外的要因です。

基本的にトラブルは、時間が長くなればなるほど収拾がつかなくなる。スピーディに対処することが必須です。

まずこのトラブル対処の基本をインプットする。そうすれば質問は簡単。


■まず冷静に、「パニクっててもいいこと一つもないよ」と自分に声かけをする。

■原因は何か?と分析

■「動いたかサボったかどっちだ?」と確認。サボったならちゃんと反省。

■3日以内に対応可能かどうか?と時間を意識する。

全部自分が悪いと思ってはいけません。自分で抱え込むより、トラブルをどう解決するかを優先し、冷静になって下さい。

動いていれば大体トラブルは起きます。真剣に動けば動くほどトラブルは付き纏うものですが、同時に大きな成果が後ろに待っていることを忘れてはいけません。

やる気が無い自分との向き合い方

これは簡単。

人間なんて、やる気がある時があれば無い時だってあります。
それが普通です。

ポイントはやる気ある時期を長くする。
無い時期を短くすること。

まず、やる気が無いということを「あー、今自分はやる気がないなー」と認めることです。(やる気が無くても良いと肯定してはいけませんよ。あくまで承認ですからね・・)

大体、やる気が無い原因は「身体の疲れ」か「思考の疲れ」のいずれかです。

どちらに疲れているのか自分に聞いてみましょう。双方の疲れが取れれば、大体やる気は出てきます。(思考の疲れがほとんどだと思いますが・・・)

身体の疲れであれば体を休める。(私の場合はゴルフかマッサージに行くか寝る)


思考の疲れであれば、思考の整理をする。思考の整理は自分ですると時間がかかるので他人を頼りましょう。私の場合はカウンセリングを受けます。

大体、複雑に考えすぎていて、自分が今何をやればいいか理解できていないパターンがほとんどです。口から吐き出して、整理しましょう。(思考が疲れている人が自分自身で思考の整理をするには無理があります。)


状況に応じて思考をパターン化し、自身で解決するスキルを持つ。
自分と向き合う際は、ただ流れで向き合うのでは無く、論理的に考えてみる。

大切な自分の為に、ちゃんと準備して向き合って下さいね。

この記事が皆様の成長と発展に貢献できれば幸せです。
「いいね」「シェア」「ツイート」をお願いします。
それでは、またお会いしましょう。

Facebook:https://www.facebook.com/wataru.maekawa.7
Instagram:https://www.instagram.com/watarun23/?hl=ja
Twitter:https://twitter.com/watarun231

WRITER

前川 渉

Stay Gold 編集長・STAY GOLD FUND

前川 渉

Wataru Maekawa

1988年 石川県金沢市生まれ
2010年 東洋大学卒業(経済学部国際経済学科専攻)
2010年 信用金庫入庫
2012年 独立系M&Aコンサルファームへ入社
※在籍中に40社以上のM&Aに携わり、300社以上のコンサルティング実績を認められ、ヘッドハンティングを受ける。
2016年 外資系金融機関入社
※1年目より同社の成績優秀者表彰に入賞。
世界基準で競う業界成績優秀者表彰(※MDRT)の会員となる。(2018, 2019, 2020)
2020年 STAY GOLD FUND創業
地方特化型ハンズオン・ファンドを運営。
M&A戦略立案、幹部教育にてIPO支援をする。

当WEB media「Stay Gold」では、「人の成長と発展」というコンセプトのもと、あらゆる業界のキーパーソンへのインタビュー記事やコラム等を通して、上質な情報をビジネスパーソンへ向けて発信している。

記事一覧
Pocket