20200827_maekawa_アイキャッチ
【連載コラム】M&Aコンサルティングで学んだこと(2)-交渉の土台-
COLUMN

【連載コラム】M&Aコンサルティングで学んだこと(2)-交渉の土台-

こんにちは STAY GOLD代表の前川です。
先日はM&Aコンサルタントとして学んだことをシェアしました。
続きモノとして「交渉」についてシェアしたいと思います。
(あくまでも前川個人的な見解です。)

まず相手を知ること

まず相手の情報を知ることが重要です。知るためのアンテナを立てておかねばなりません。個人的に知っておきたいことは以下のとおりです。

・着ている服
・スーツに拘りがあるか?
・出世欲はあるか?
・成長欲はあるか?
・知識欲はあるか?
・論理的思考を持つ人か?
・感情的な思考を持つ人か?

細かいかも知れませんが本気のネゴシエーションをする際には、相手のことを調べ尽くさねばなりません。
相手が一番こだわっているモノ、相手が本当に求めているモノ、どんな考え方をするのか、そして家族構成や今までの経歴はどうか、など知れる情報が多くあった方が良いです。

ハード面は感情的にならない

ルールや条件のようなハード面の交渉は、客観的に冷静に話をする必要があります。特にお金が絡んでくるような話は端的かつ明確に話をします。

一方、今後の動きや将来についての話のようなソフト面の交渉は、感情いっぱいに楽しそうに、明るく話をします。

私の場合、ハード面に関しては「言った、言わない」にならないように、資料を作成し相手に説明していました。
後から揉めるのが一番、面倒ですよね。

これらはほんの一部ですが、交渉においてとても重要なポイントです。

コンサルティングの場面にかかわらず、みなさんの働いている会社などでもこれらの技術を習得、応用することによって、物事をスムーズに進める為のあなたの強力な武器となり得るのです。


この記事が皆様の成長と発展に貢献できれば幸せです。
「いいね」「シェア」「ツイート」をお願いします。
それではまたお会いしましょう。

WRITER

前川 渉

Stay Gold 編集長・STAY GOLD FUND

前川 渉

Wataru Maekawa

1988年 石川県金沢市生まれ
2010年 東洋大学卒業(経済学部国際経済学科専攻)
2010年 信用金庫入庫
2012年 独立系M&Aコンサルファームへ入社
※在籍中に40社以上のM&Aに携わり、300社以上のコンサルティング実績を認められ、ヘッドハンティングを受ける。
2016年 外資系金融機関入社
※1年目より同社の成績優秀者表彰に入賞。
世界基準で競う業界成績優秀者表彰(※MDRT)の会員となる。(2018, 2019, 2020)
2020年 STAY GOLD FUND創業
地方特化型ハンズオン・ファンドを運営。
M&A戦略立案、幹部教育にてIPO支援をする。

当WEB media「Stay Gold」では、「人の成長と発展」というコンセプトのもと、あらゆる業界のキーパーソンへのインタビュー記事やコラム等を通して、上質な情報をビジネスパーソンへ向けて発信している。

記事一覧
Pocket